ドイツで就職するには

ドイツで働く・仕事探し
ドイツで働く・仕事探しドイツ日常

今後海外、ヨーロッパ特にドイツで非日系企業で就職を検討される際の参考になればと思います。

大学の専攻はとても重要

例えば、法学・文学・語学を専攻し、卒業後に分野違いである経理系の職務に応募することはとても難しいです。

募集要項にはっきりと大学の専攻が記載されており、未経験者歓迎という文言は見たことがありません。

経理系の職務は経理・財務系の職業訓練や大学での専攻が必須です。

受験生の皆さんや今後大学に通われる方はこの点を考慮して何を専攻するか慎重にご検討ください。

ドイツ語と英語

英語だけで応募可能なポジションもありますが、案件が少ないかつ他の英語が堪能な移民外国人との競争で優位に立つのが難しいでしょう。

移民外国人の多くが英語を流暢に話します。

ドイツ語だけで応募可能な企業も少なく、さらにドイツ語だけで職務を行う会社の雰囲気はよいとは言えません。

インターナショナルな雰囲気のほうが居心地がよかったです。

ドイツ語オンリーの会社では、従業員が業務で英語を使いたがらないケースが多いです。

ドイツで生まれ育って英語が苦手、英語を話したくないという人たちは向上心が低く、他人を妬む傾向も多く、英語が話せる私たち移民に嫌がらせをしてくる可能性も高いです。

これはあくまで個人的な経験に基づく見解ですので参考までに。

そもそもバックオフィス関係の職務で英語不可な人材は、今のご時世人材市場で価値が高いとは言えません。

海外取引の全くない会社・ビジネスをいくら想像できますか?

というわけで、ドイツ語と英語の片方どちらかではなく両方が重要です。

文化の違いを学ぶ・楽しむ姿勢

外国に暮らすということは、驚きの文化や風習の違いとの遭遇です。

それらを批判し、不平を言い続けて暮らすのは矛盾した行動ではないでしょうか。

ドイツ在住日本人の多くが四六時中ドイツの日常文化を日本と比較し、否定していました。

ファッションの露出が過激なのも、職務中に世間話や休暇の話ばかりするのも、お店が日曜日に閉まっていることも、この国・地域のあり方なのです。

また、日本人が良かれと思って日本的な思いやりを遂行していると、とてつもなく疲弊することになります

実際そういう例をたくさん見てきました。

(かくいう私も10年住んでいてもまだまだ学習中です。)

この国では、この地域ではこうした振る舞いが良し・悪しとされているのだ、と尊重して合わせていくことは大事な姿勢だと思います。

補足)日系企業ドイツ支社で就業する場合

この場合は上記の項目とは環境が異なってきます。

総務・企画アシストといったバックオフィス系だった社員が完全に分野違い営業に異動したり、企画部から経理部への異動がありました。

ただ、上記の件は現地採用日本人枠でした。

現地採用日本人の経歴も、音楽大学から外国語学大学までと職種と大学の専攻が関連がなく、幅広かったです。

日系ドイツ支社で日本人として現地採用で働く場合は、他の非日系企業と異なり、日本とほぼ同じような採用体系のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました