ドイツの職場で避けるべきタブーな話題 

ドイツで働く・仕事探し
ドイツで働く・仕事探し

日本では日常会話の内容であっても、ドイツ、特に職場では話題にすることはやめたほうがいい分野について。

タブーと知らずうっかり話題にしてしまって後で後悔することにならないよう、事前に知っておくことも大切です。

まず、下ネタ・性的な冗談はもってのほかです

ドイツ国内勤務10年の間に、そうした内容を冗談でも話している同僚・上司を一度も見たことがありません

以下6つのポイントをタブーとされる理由と背景、実際の経験から少しずつ紹介していきます。

実例がすべて編集されるまで待てない、または読む時間のない方は取り急ぎ下記の話題は(特に)職場では避けましょう。

南ドイツハイデルブルグ近郊
  1. 恋人の有無      恋人の有無を聞くのは注意! ドイツで注意すべき言動①
  2. 結婚         結婚してるの?と聞くのもタブー?ドイツで注意すべき言動②
  3. 家族構成・家族計画 お子さんは?と聞くのもタブー?ドイツで注意すべき言動③
  4. 職場でだれが人気か  何気ない会話が亀裂を招く!ドイツで注意すべき言動④
  5. 血液型
  6. 宗教・政治

また、日本ではこんなの性的な話題やいやがらせの類にならないと思っていてもドイツでは相手が不愉快と思ったらほかの人たちが何と言おうとハラスメント・迷惑行為、という認識です。

いろんな職場でいろんな不愉快な経験をしてきましたが、中でも印象深かったのが次の2点です。

①上司と人事が真摯に対応

自身はそこまで深刻と思ってなかった軽度のセクハラ案件も、上司に相談すると即座に人事が親身になって対応してくれます。

②客観ではなく本人の感情重視

客観的に見れば大ごとではなく、かつ周りの同僚に相談しても軽くあしらわれる内容であっても、

本人が不快なら問題であり、解決されなければならない

という見解なのがドイツです。

初めは笑って流していた相談相手の同僚も、「本当にいやな気持になるんだ」、ということを真剣に伝えなおしたところ、

あなたが嫌と感じるならそれは問題と認識されるべきだから、誰がどういおうと、どう感じようと関係ない。私もはじめは笑ってあなたの話を聞いていたけど、いやがらせ行為が続くなら上司に相談すべき。上司も必ず即座に対応してくれるから安心して。」

とのことでした。

南ドイツ ハイデルベルグ近郊

日本も近年ハラスメントに厳しくなっている傾向があるそうですが、つい最近(2020年)ドイツに赴任してきた日本人駐在員(男性・30代・コンサル業)の言動を見ていると、ドイツでは嫌われる、もしくは注意される部類の言動ばかりで驚きました

とても古い体質かつまた歴史の長い日系企業の駐在員ならまだしも、多国籍企業の若手(中堅?)社員がこのようなふるまいを平気でするのかと正直ショックを受けました。

彼に悪気はなく、おそらく日本で誰も彼の言動を注意しなかったのだなと思われます。

駐在員としての役割や責任もあるので、駐在前に研修とかあるはずですが、きっとこうしたタブーについてはまだ十分な認識が日本で広がっていないのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました