恋人の有無を聞くのは注意! ドイツで注意すべき言動①

ドイツで働く・仕事探し
ドイツで働く・仕事探し

ドイツでカルチャーショックを受けたことの一つでもあります。

日本ならプライベートでも職場でも、単刀直入に友達同士や職場の人に

「彼氏はいるの?」「彼女いるの?」

と何気なく聞くシーンも多く、聞いている本人聞かれたほうもただの会話と認識しているでしょう。

最近はそうでもないのでしょうか。。。?2010年代初頭、私が日本にいたころはそうでした。

ドイツや欧米では、相手が誰であっても本人に直接恋人の有無を確認することは

「あなたに好意・興味があります」

という意思表示になるそうで、十分気を付けるべき点です。

こちらでは個人のプライベートを気にしないことが普通

⇒なぜ私の恋人の有無というプライベートな事柄を気にするのか

自分に好意を持っている

という思考背景があるそうです。

確かに、基本的にみんな他人に興味がありません。いい意味で。

誰に恋人がいて、誰に恋人がいないか。

そんな他人のことは、

ドイツでは誰にとっても心の底からどうでもいいこと

なのです。

ほっといてくれともいわんばかりに。

でも、考えてみればそうですよね。

ドイツ中部のハーツ国立公園

もちろん、ある程度仲良くなってきたら聞いてもいい内容で、職場でも慣れてくると恋人の話題になりますが、初めのうちは特に気を付けたほうがいい話題です。

特に異性に対しては注意が必要です。

同性から聞かれることはそれなりにありますが(としても初対面ではありえません)、異性から聞かれたことはほぼありません。

ドイツでは、「自分とデートしてないような人」にされる質問ではないのでご注意を

ドイツ人と親睦を深めたいなら恋人の話より、初めのうちは休暇の話がピカイチお勧めです。

これまでどこに行ったか、今年・来年の予定など。

みんな目を輝かせてたくさん話してくれること間違いないです。

聞くだけでなく、もちろんあなたの経験も是非お伝えください

この点も重要です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました