花屋の店員さんのやさしさ

ドイツ生活 いいところ
ドイツ生活 いいところ

家でパクチーを育てているのですが、苗が成長しすぎて倒れてしまう状態に。

苗を支えるあて木?みたいなものを探しに花屋さんに向かいました。

が、日本語でも説明ができないこのモノ・・・

拙いドイツ語でなんとか意思疎通試してみると、なんとかわかってもらえました。

残念ながら苗を支えるモノは扱ってないとのこと。

代わりに紐で縛ってみるのもいい案だから、とわざわざ他の商品の花の茎で例を見せてくださいました。

彼女も家で紐を代用してるそうです。

ちなみにこの紐を随分長めにとって切り、分けてくださいました。

何一つ購入してないのに、親切に代替案を教えてくださり、必要な紐までプレゼントしてもらえて言い一日となりました。

こうした思いやりや親切心はドイツ・海外ならではかな、と思います。

日本の思いやりも一流ですが、お店の備品でもある紐を商品を購入していない人に無料で渡すことは稀でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました