英語環境 ドイツでの日常生活

語学上達方法 英語・ドイツ語
語学上達方法 英語・ドイツ語

ドイツ生活、どの程度英語で生活可能なのかについて。

国際的な街、芸術家の多い都市ベルリンでは英語のみで生活できると聞きますが、その他の大都市はフランクフルトもミュンヘンもドイツ語がメインになります。

ベルリン在住のイラン人がほかの町では英語が全く通じないと驚いていました。ベルリンでは銀行でもATMでも英語が主流だとか。

現地の人で英語を話すのが好きな場合は、ドイツ語で話しかけても英語で返してくることがよくありますが、基本的にベルリン以外の町ではドイツ語になります。特に年配の方は英語をより避ける傾向があります。もちろん若者でも英語話せない、と断られることもあります。

残念ながらドイツにおけるあらゆる契約書関係や弁護士保険サービス、保険サービス、インターネット契約はほぼドイツ語です。英語サービスが含まれるとその分高額になります。

単身移住予定の方で初めの生活が不安な方は、シェアルームも一つの手です。外国人とルームシェアするのは勇気がいるかもしれませんがメリットもたくさんあります。デメリットもありますが。

では英語は話せても意味がないのか?そんなことはありません。

ドイツ語がすでに流暢ならそれに越したことはありませんが、そうでないなら英語が話せたほうが有利です。

英語ができることはドイツ移住を安心して楽しめる一つの要素にもなります。

移住した際に英語も話せるとメリットは大きいです。何か説明しなければならないとき、重要な手続きの際、航空券の手配を電話で変更しなければならない際など、英語が話せることは安心にも繋がるのです。

タイトルとURLをコピーしました